2010年10月25日月曜日

OOo:びっくりしたので,メモした。

OOoから,ワードに移す場合

(といっても,Dropboxで,最初はOOoで作って保存して,別WinPCで,Wordで開けるだけです)

びっくりしたので,
覚書・メモしました。


非効率的かもしれませんが(確かに,確かに),
書式直しているときに,
気づかなかった誤字等や表現も直せるメリット(?)があります。


1. Wordで驚きの文字化け

これは,恐らく別PCに,フォントが入っていないことからくる現象です。

私のUbuntu10.04LTS desktop 日本語Remixには,
ほぼ,MS明朝と互換が効く,「Takao 明朝・ゴシック」がはいっています。

別PCにも,Takaoを入れればいいんでしょうが,

全選択(C-a)して,フォントをMS明朝とすれば,直ります。


2. なにい!中央揃い・左寄せが,効かない!(グレーになっている)

意外と悩みました。

これは,

Wordの設定が,

ファイル→ページ設定→文字数と行数
の中の「文字数と行数の指定」が,

「原稿用紙の設定にする」になっていると,

できなくなります。

「文字数と行数を指定する」にして,変えれば,できるようになります。



OOoとWordとは,もちろん,完全互換ではありません。
古いWord(私のは,WordXP)なら,より近くなるとはいえるでしょうか。
(新しいのは,そもそも持っていないからよく知りませんが)。


裁判所Webサイトを見ると,
今の裁判所標準は,フォントから考えて,Wordではないかとおもいます
(詳しくはしらない)。


もしかすると,前の一太郎事件の騒動のように,急に,Wordも駆逐されるかもしれませんので,
OOoに慣れる必要が出てくるかもしれません。
今のうちに,練習しておきます
(とても適当な未来予想図)。


……………………………………………………
公式サイト携帯サイト