2012年4月6日金曜日

IT技術の利用と法律問題:gmail:印刷のロゴを消す

gmailは,

個別のメールを,

印刷のロゴの右横にある矢印をクリック→印刷

で印刷できます(最初,これ結構悩んだ…)。


すると,印刷プレビューがでますが,

gmailの印刷ロゴが出てきてしまいます。

そこで,印刷するとき,gmailのロゴを消す拡張機能がUPされています。

http://blog.livedoor.jp/hakin/archives/51269507.html?1291168672#comment-form
作者のページ
http://userstyles.org/styles/2909
userstyleのページ


GoogleChromeは,単にインストールするだけです。

意外とない,スバラシイ!

ただ,
単にこれだけだと,
送付日しか出ませんので,証拠確保のためとしては,
印刷日時も出すようにした方がいいです。

Ubuntu10.04LTS desktop 日本語Remix,GoogleChrome7.0.517.44
だと,印刷日時を設定する方法がわからない…

それなので,firefoxにも,この機能をインストールして
(firfoxは指定できる。プリンターの問題かもしれませんが)

これで印刷しています。
面倒だなあ
……………………………………………………
「IT技術の利用と法律問題」(仮)は,
これも入ります(今までやってきたことと変わらない…)。

証拠確保の問題といえます。
証拠として出すのに,gmailロゴがバーんは,カッコ悪い。


……………………………………………………
H240404追記
Googleエクステンション
「Stylish」
です。

インストールしてから,

http://userstyles.org/styles/2909/gmail-remove-logo-on-printer-friendly-page

を更にインストールします。
gmailを,コードで改造するエクステンションですね。色々できそうです。

上記に書いてあるGoogleCromeの印刷設定は,
現在では,

gmail→印刷で,オプションの,ヘッダーとフッターをチェックすることで,印刷日時(左上),URL名(左下),頁数(右下)に出ます。

証拠にも使えますね。

……………………………………………………



公式サイト携帯サイト