2011年3月25日金曜日

知財・刑事を考える:商標法違反,ニセモノの精巧さと商標の類否・故意

商標法違反では,

ニセモノの精巧さは,

登録商標の類否における客観的な立証の容易性につながります。
また,情状としての悪質性にもつながります。

しかし,このことは,逆に,ニセモノが精巧であればあるほど,ホンモノと思ったという言い分,つまり,故意を否定する要素にもなりえます。

逆に,
ニセモノが余りにわかり易いニセモノ,ものすごく精巧ではないニセモノの場合,ニセモノと思っていたという故意の立証につながりますが,さらに逆に,あまり精巧でないと言えば,商標の類否判断にも影響を与える事実と考えられます。

精巧なほど,故意立証が困難になる
精巧ではないほど,商標の類否判断に影響を与えうる
という
商標の類否判断と,故意の立証とは,反比例的な性格があると判断されます。


商標の類否を刑事で争っている例を余りみたことがありませんが,知財高裁は,結構明らかな類否でも,通常の基準に従い一つずつ丁寧に認定していきますので,同じ手法が必要になるはずです。


商標の類否についても争うことは,結局,情状にもつながることともいえますので,意味があるといえます。


……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会