2012年6月12日火曜日

emacs/org-modeと判例引用:Commentを活用して

準備書面を作るばあい,

たいがい判例を調べます。

調べる場合は,

これは使える!
これは使えない!
これは,使えるか分からない!
というのに分けて判断します。

使えるのと分からないのは,
Web上で見つけたものならば,
作成中のEmacsファイル(orgファイル)に,コピペしておきます。

判例書誌情報とかも同じところにコピペです。

書籍等紙ベースの場合は,
写真をとって,保存してリンク先を貼っておきます(後で必要だったらテキスト化します)。

こんな感じです。


一番上(*一つ)のところに,
C-c, ;(セミコロン)
で,Commentがつきます。
これで,htmlにしたとき(C-x,C-e b or h)
出力されません。

意外とテクニックもありまして,

上記の場合は,

*2つのところが,それぞれの判例に
**3のところで,その判例の書誌情報,切り取った部分,全文,意見(これは,使える!のでもよい)を書いておくと,

準備書面用データベースができあがっていきます。

こんなふうに,相手の準備書面も入れていくと,何も記録がなくても,準備書面ができます。

かなりのお気に入りです。

便利ですねえ。

…………………………………………………
H240419追記
さらに,
migemoで,日本語検索
C-c,lとC-c,C-l
で,必要なものをリンクでつなげます。

証拠説明書つくりながら,飛びながら準備書面ができます。
……………………………………………………