2020年1月5日日曜日

家事:サニー・サイド法律事務所、取扱い分野 

家事:サニー・サイド法律事務所、取扱い分野 家事事件は、離婚、相続などを取り扱う案件です。「事件」というと大げさな印象を受けますが、小さなもめごと、心配ごとから始まることも多いのが特徴です。

リンク:弁護士費用とスタンス

リンク:弁護士の報酬

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る


料金については、すべて消費税別

基本的には、
着手金:
請求金額(請求された金額)・対象財産の金額の8%

報酬:
得られた財産(財産的利益)の16%
となります。

タイムチャージ制が適切な場合は、

 2万円/時間

となります(仕事内容を時間で換算します、訴訟等になれば、通常着手金制度でされるのがお得になります)。

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・すすめかた
 
 通常の流れ:

   交渉→調停・審判→訴訟

 家事の紛争は、調停から始まりますのが基本です、まずは調停をするのが必須となることも多いといえます。争いがなくても、債務名義(簡単にいえば差押をするために必要な書面)を早期に得るために、あえて交渉を飛ばして調停・審判申し立てをすることもあります。
  
  リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(5)大きな武器「調停」
 
・相続人調査(調査)


タイムチャージ制(2万円/時)、または、
通数料金制(通常:1500円/通、消費税・役所手数料込み)



相続問題に先立ち、事前に、誰が相続人かを調査する作業です。戸籍を新しいものから順に取り寄せ、被相続人(死亡した者)が、おおむね13,14歳ころまでさかのぼります。

時には、数十人・百人単位で相続人となる場合もあります。その場合の費用は要相談となります(割引させて頂きます)。

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・遺言(アドバイス、法律的文書作成)
  自筆証書遺言アドバイス・公正証書遺言案文作成含む


top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・遺留分減殺請求(アドバイス、交渉、調停、訴訟)
 ある一定の範囲の相続人には、相続分の1/2まで遺留分が認められます。

 リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(15)取り敢えずでもしておいたほうがよい「遺留分減殺請求」

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・遺産分割協議(アドバイス、法律文書作成、交渉、調停、訴訟)
簡単にいえば、相続分の持ち分を話し合うことです。相続人全員の合意が必要となります。もちろん、最終的に合意がされた中身を法律文書としてまとめるだけの作成業務も行っています。

リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(13)全員からもらえれば「遺産分割協議」

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・会社承継(相談、アドバイス、法律文書作成、交渉、調停)
「会社承継」は、家事的にいえば、株式会社の株式の相続問題となります。遺産分割協議や相続前の適切な財産処理が問題となります。

リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(2)「遺言」

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・離婚(相談、アドバイス、法律文書作成、交渉、調停、裁判)
まだ、別れの決心をされていない「心配」な段階での相談(アドバイス)、離婚はしていないが合意書を作成したいなどの法律文書作成業務(弁護士の名前入り、入らず)、交渉、調停、裁判など、あらゆる段階に弁護士を関与させることができます。

また、段階ごと、獲得目標によっても弁護士のすることは異なります。

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る


事例:
不貞行為を理由に慰謝料300万円の請求と共に離婚をしたい。

→着手金:24万円
(着手金については、請求したい金額を基準にすることが多い)


リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(1)「離婚」

リンク:弁護士のできること、使い道:「離婚」編(一般向け) (H260604UP)

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る

・婚姻費用分担(離婚前)、養育費・財産分与(離婚に伴う)(アドバイス、助言、法律文書作成、交渉、調停、訴訟)

慰謝料を額としては上回る可能性が高い事案もあります。

リンク先でも書いていますが、簡単な手続で調停をすることが必要な場合もあります。
離婚はしないまでも、生活費がもらえないなどが、「婚姻費用分担」の手続になります。離婚は決めていなくても調停は可能です(夫婦関係調整の調停といいます)。

リンク:法律問題の9割は弁護士を使わないで済む(16)できる限り早く「養育費」「婚姻費用分担」調停

top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る
……………………………………………………

以下追記
top:サニー・サイド法律事務所webサイトへ戻る