2009年4月23日木曜日

法律の不知と特許の新規性

法律の不知は保護されない。法律は,知らないとして適用を免れることはできない。

これと同じようなものと思ったのが,特許の新規性議論である。

ある発明が特許として登録が認められるためには,新しく(新規性),従来より良い物でなければならない(進歩性)。
 
法律の不知と似ていると思ったのが,新規性である。
新しいとされた発明が,例えば,外国での学会誌に出願日前に掲載されていたとか,既に出願日前に外国で販売されていたとかという場合,それが如何にマイナーであっても,既に存在していた,新規性がないものとされる。


まさか外国に既に同じものがあったとは,発明者は知らなかったという言い訳は通じない。
その特許は無効となるのである。


それ故に,特許侵害とされた場合,新規性を否定するものがないか調査することは,常套手段の一つとなっている。


侵害訴訟を提起された場合,この新規性資料を基に,特許庁に無効審判事件を提起する方法がある。また,訴訟中に新規性喪失による無効を主張して侵害を否定する方法もある。
前者の場合,侵害を主張したにも関わらず,特許庁で無効とされ,特許権自体がなくなってしまった
という権利者側からすれば,踏んだり蹴ったりという事態に陥る。

先に,無効審判のことをウルトラCと書いたのは,その趣旨である。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト