2010年6月17日木曜日

刑事ばかりやっているわけではない

刑事事件絡みの話題が多いですが,
民事は余りやっていない?
と思われてもなんですから。


刑事は,基本的には,
終わるまでの時間がとても短いです。

起訴前なら,最大23日間です。

複雑でない事件で,
否認事件でなければ,公判段階になっても
審理時間はとても短く,
2回位,2か月位でしょうか。

民事の場合は,一見簡単に終わりそうな,
ものでも,やはり,1年2年かかります。

民事でも
勿論書面を作ったり,調査をしたり,
打ち合わせをしたりしています。
が,一々ブログに書いて
面白そうなというのを見つけるのが
大変ということもあります。

数的にも労力的にも
民事が圧倒していますが,
ブログには,
刑事ばかり
というのはそういう理由からです。


民事の事実関係の争いは,一見して分かりにくく,
他の人に共感されにくい面もあります。


特に特許事件では,

明細書の「円」ではない
こちらは「楕円」であるとか,

明細書の何頁何行目の「〜」の記載からは,
「円」には,「楕円」は含まないとか,

明細書の「円」は,厳密な真円(扁平率=0)だけではなく,
扁平率が限りなく「0」に近い,例えば扁平率=0.234……のイ号物件(特許争訟では侵害対象品のことを,こういいます)も含む「円」であるとか,

その根拠として,扁平率=0.234……でも,同じ作用効果が発生するとか,

こちらで扁平率を調べたらイ号物件扁平率=0.456……であった,測定方法が誤りであるとか,

こんな争いとなります(例は全部適当です)。

一般的に余り面白くないでしょう(?)。

このようなやり取りが永遠続きます。

楽天ブログのリンク
http://plaza.rakuten.co.jp/utuboiwa/diary/201006170000/