2010年6月21日月曜日

弁護士の仕事:合間の時間を大切に・・・使わないと損

弁護士の仕事:合間の時間を大切に・・・使わないと損
[ 弁護士の仕事 ]

Last updated 2010.03.10 12:03:38
http://plaza.rakuten.co.jp/utuboiwa/diary/201003100000/


弁護士の仕事は,

空きがある,合間が多いです。


例えば,

 
相談と相談との合間
(詰めても,早く終わったり,遅く始まったら合間が)


刑事事件で,警察署で接見室が前が詰まって待つ時間

弁論準備で,前の期日が終わっていない場合で待つ時間

当番弁護士の待機日で,弁護士会の連絡を待っている時間


もちろん,移動中の時間や,早く着きすぎたり・・・・。



 
待つのも仕事というくらい,割と,合間合間の時間があります。

 
このときは,何もしないという手はありません。

 

 
簡単な連絡文書を書いたり,ブログを書いたり,メールをチェックしたりは,勿論できますし,積み上がれば,大量の準備書面であっても書けます。

 

 
私は,新幹線の中でパソコンを使うのが苦手で気分が悪くなりますが,

 
裁判所の支部に普通電車で行くようなときは,その場で,言われた宿題を片付けてしまう場合もあります。



 
後で楽になりますし。 

 

 
どのような業種でも,そうかもしれませんが,合間合間の時間は,馬鹿にできません。

 
積み上がると,ものすごい時間を浪費していることになります。



 
新幹線の中を,どのように有効に使うかが今の課題ですが,

落ち着いて普段読めない,雑誌等を買い込んで,むさぼり読むの一つの手です。

 
大体こうして過ごしています。

 
キンドルか,iPadか,欲しいです。

記録もPDF化して,それだけ持って出るという夢ももうすぐでしょうか。

Last updated 2010.03.10 12:03:38



…………………………………………………

H22.6.21現在のコメント
この頃iPad言っています。

新幹線の中で,まだ使っていませんので分かりませんが
ネットぐらいなら大丈夫ではないかと思います。

無駄な時間縮小には,かなり貢献しています。


……………………………………………………