2010年6月28日月曜日

iPad:文書作成の実力

iPad:文書作成の実力


Last updated 2010.06.08 13:41:39
http://plaza.rakuten.co.jp/utuboiwa/diary/201006080001/改訂(H22.6.28改訂)



iPadで,控訴理由書あげました。
(ホントに全てを書き上げました)


Pagesの場合,メール送信時にファイル選択ができます。

今回は,Wordにしました。


メール送信して,いつもの書式にあわせます。

これから,変換作業が,どのぐらい大変か検証していきます。
貼り付けができれば,大した問題ではないですが(☆)。




かなり,キーボードは,いけます。大分慣れてきました。




日本語入力・変換が賢くないのですが,これも,アップデート次第の時間の問題でないかと思います。


文字を打つということだけでは,ネットブックより画面も綺麗で見易いし,もしかして,かなり,これだけで作っていく可能性も秘めています。


意外と多分仕事では,そんなに使えないのではと思っていましたが,使えます。


私の場合,長文がかなり多いのですが(欠点と思っています),長文には向かない故にか,抑える効果もあるのではないかと思ってきました。


そういえば,iPhoneOSが新しくなったそうです。

マルチタスク対応ということで,iPadもいずれか対応ということですから楽しみです。


……………………………………………………
H22.6.28現在のコメント

☆余りに,変換の差が大きく,秘書さんに多大な負担をかけるだけです。
それなので,そのままPDFで出すのであればいいですが,追加の誤字レイアウトチェックに回す場合には,適しません。


文書作成だけみれば,

デスクトップ>高級ノートパソコン>iPad>ネットブック

という位置づけでしょうか。



……………………………………………………