2010年6月25日金曜日

ドコモSIMロックと独禁法・・・ほんの触りだけ

Last updated  2010.05.20 18:51:22
http://plaza.rakuten.co.jp/utuboiwa/diary/201005200000/


特許等の知財関係の法律と

独占禁止法

とは,割と接点がある法律です。

 

特許は,出願から20年等,ある一定の期間,権利を

独占させる利益を与える

代わりに,権利を公のものとして公開する

という制度です。

 

特許権者に権利を独占させ,期間中は,勝手に,その特許に基づく製品等を作ることができないわけですから,

独占していることになります。

その意味で,独占禁止法に関係があるということになります。

 

当然ながら,正当な特許権の権利行使が,独占禁止法に触れるということは,

ほとんどないといえます。 

 

 

独占禁止法は,優れて経済的観念が重要となる法律で,

法律の条文だけをみても,明らかにならない場合が多いといえます。

「正当な理由がないのに」,

「不当」

 ・・・

という言葉が並び,一律に,こうだからこうとは決めがたい問題があります。 

 

中身については, 

かなり詳細に公正取引委員会のWebサイトで紹介されています

(http://www.jftc.go.jp/dk/index.html)

これに加えて,例えば,

「排除型私的独占に係る独占禁止法上の指針」

(別紙1 http://www.jftc.go.jp/pressrelease/09.october/091028betten1.pdf)

など,事例をふまえて,多くの指針が出されています。


しかし,これとて,例えば,

「供給拒絶・差別的取扱い

(1)排除行為に該当し得る行為

 事業者が,誰に商品を供給するか,どのような条件で商品を供給するかは,基本的には事業者の自由である。したがって,事業者が独立した事業主体として,商品の供給先を選択し,供給先事業者(新たに供給を受けようとする事業者を含む。以下同じ。)との間で供給に係る取引の内容,実績等を考慮して供給の条件を定めることは,原則として排除行為となるものではない。

 ・・・・

このように,供給先事業者が市場(川下市場)で事業活動を行うために必要な商品について,合理的な範囲を超えて供給拒絶等をする行為(以下「供給拒絶・差別的取扱い」という。)は,排除行為に該当し得る(注17)(注18)。

 

 ・・・・

なお,事業者が独立した事業主体として行った供給先の選択や供給に係る条件の設定は,基本的には,事業者による自由な事業活動として尊重されるべきである。したがって,事業者が単独で行う「供給拒絶・差別的取扱い」については,排除行為に該当するか否かが特に慎重に判断される必要がある。」

 

と記載があるように,原則→例外→単独については慎重

と極めて曖昧さがあります。

 

このような結果がみえない法律は,弁護士にとって難点の一つです。

 
勝ちますとか,勝てる確率が高いです


というのが,なかなか言いにくい面があるからです。 

 

なお,指針は,あくまで行政解釈といえるもので,

最終的に,裁判所が判断するものとは

異なってもいいというのは,言うまでもありません。

 

さて,取り上げたいのは,

iPad の SIMロック

です。

色々発表前に言われていましたが,

ドコモ限定の国内SIMロック

となったみたいです。

 

結構思い切った販売戦略を取ったという印象ですが,

原則(原則排除行為にならない)

→例外(キャリアの巨人ドコモが,川下業者とはいい難い)

→慎重(Apple単独であるから,慎重)

という流れになるでしょうか。

 

指針通りにいえば,ドコモ社が打って出るのは慎重ということになるでしょうか。


独占禁止法の目的は,最終的には,

「公正且つ自由な競争を促進し、事業者の創意を発揮させ、事業活動を盛んにし、雇傭及び国民実所得の水準を高め、以て、一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進することを目的とする。」(独禁法1条)

ことにあり,消費者の利益を勘案するのは,当然ということになります。

 

そうなれば,

そもそも,SIMロックとはなんぞや

ということが,問われることになり,Appleだけの問題に留まらない

ということになりましょう。

 

ドコモ社が,携帯キャリアの中で,最も大きな力をもつ会社ということも

考慮に入れる必要があるでしょう。

 

Apple側に酌みするわけではないですが,

iPadのことを, 

高級ネットブック

という会社と



自信満々のiPad の扱われ方に違いが出るでしょうし, 

目指すところが違う,とも思うのは,当然かな

と思ってしまいます。

 
……………………………………………………
H22.6.25現在のコメント

Appleの偉いところは,

iPadのような,

起動は早い
充電はもつ
画面は綺麗
デザインはいい
指タッチは滑らか

というだけで,
深い作業や本格的な作業が,
元々できない(期待できない)デバイスを出せた環境です。


恐らく
さきほどの認識しかない
なぜか,SIMフリーが前提かのように話したトップが,

ドコモ社からでは

出せないデバイスだったと思います。


うお!スロバキア,2点目
イタリア,
やっと1点

……………………………………………………