2010年7月23日金曜日

Legal Documentation(LD),商標:不使用取消の審判…邪魔な商標をなくして

Legal Documentation(LD),商標:不使用取消の審判…邪魔な商標をなくして

商標権者等が,継続して3年以上使用しない場合,不使用取消の審判ができます(細かい要件は省きます)。

つまり,邪魔な商標をなくすことができます。


使用の事実は,

商標権者等が主張立証する必要があります。


これは登録商標と社会通念上同一商標を使った,使っている
という

「文書」

を準備しておかなければならないということです。

もちろん,登録商標の指定商品(指定役務)の使用でなければなりません。

また,商標としての使用でなければなりません。


使った事実があっても,

日付が分からない
不鮮明だったり,
印刷物で小さくて分からなかったり,
……

すれば,立証がないということで商標がなくなります。


恐ろしいことに,
不使用取消は,誰もができます。


ここでも,

Legal Documentation(LD)

の観点が必要となります。

……………………………………………………