2010年8月9日月曜日

お子様のための「特許」:ソフトクリームの特許

今日は余りに暑かったので
アイスクリームを買いました。

袋に

「特願2007-165215」

とありました。

これは出願番号です。
出願する際に付けられる番号です。

これで
特許電子図書館
http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl
で検索が可能です。


【発明の名称】チョコレート被覆ソフトクリーム
【公開番号】特開2009-68
【出願日】平成19年6月22日
【出願番号】特願2007-165215
【特許請求の範囲】
【請求項1】
チョコレート層で覆われた吐出ソフトクリームをらせん状に積重したソフトクリーム本体を可食容器に盛り付けてなるチョコレート被覆ソフトクリーム。
【請求項2】
ソフトクリーム本体が、らせん状の溝を有する請求項1に記載のチョコレート被覆ソフトクリーム。
【請求項3】
前記チョコレートが、らせん状の模様を有する請求項1に記載のチョコレート被覆ソフトクリーム。
【請求項4】
前記模様がチョコレートで被覆されていないらせん状のソフトクリーム露出部から構成されている、請求項3に記載のチョコレート被覆ソフトクリーム。
【請求項5】
前記模様が、ホワイトチョコレートをらせん状にチョコレートの上に形成させてなる、請求項3に記載のチョコレート被覆ソフトクリーム。
【請求項6】
前記チョコレート層の厚さが200~2500μmである、請求項1~5のいずれかに記載のチョコレート被覆ソフトクリーム。

【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、容器上にらせん状に盛リ上げられたソフトクリーム本体において、吐出ソフトクリームはチョコレートで覆われており、ソフトクリーム本体の内部においても薄いチョコレートを噛み砕くパリパリ感ないし歯ごたえを楽しむことができる。これは、チョコレートとソフトクリームを一体的に吐出しているため、チョコレートの分布に偏りがあるためである。
【0009】
また、本発明では、ソフトクリームを覆うチョコレートの層を薄くすることができ、ソフトクリームの内部にある低温のチョコレートであっても口溶けを楽しむことができる。




この特許出願は審査請求がされていませんので
まだ権利となっていません。


こういうのでも特許となり得ます。

また,既に公開されていますので,
同じ特許は取れません。


敢えて書きませんでしたが,
出願人が,有名な企業です。


バリチョコが
奥まで入っているなんて
作用効果は実感しました。

さすがです。
……………………………………………………