2010年8月25日水曜日

外付HDD・バックアップと顧問弁護士業務

少しばたばたしていて,更新がしっかりとできません。



外付HDDを,自宅パソコンに導入しました。

1TB!丸ごとバックアップ!

おお!

という感じです。


バックアップソフトを使って,
簡単に完了!


うむう,

当たり前ですが,
あまり見た目に変化がない,

当たり前ですが,
新しい家電やiPadのような新しいデバイスのように
普段の生活に変化が何もない。

当たり前ですが,
大きなファイル保存場所を移動したが,
動きとしては,やはり,あまり変化はない。


やった!買った!
これで何々が便利になる
というものがないので,あまり面白くありません。


外付けHDD・バックアップは,
システム破壊等になって,
初めて役立つので,普段は,あまり重要さが意識されません。


地味なアイテムですねえ。


突然に,
弁護士業務(特に,顧問弁護士業務)は,
外付けHDD
みたいと思いました。



普段は,金ばかりかかって,役に立っているのかどうか分からない。
(外付けHDDを,減価償却で考えてください…)

しかし,なにか事が起こったときには,間に合わない場合もあるかもしれません。


常にバックアップを更新するために,
本体と,頻繁なコミュニケーションがないと,
意味がない
というのも似ているでしょうか。


違う点があります。

外付けHDDは,HDDの交換をしないと,基本は容量は増えません。

顧問弁護士業務の「容量」は,増やすことも減らすこともできます。
常に最新の知識を増やす努力をしないと
劣化していきます。


頑張ろうと思います。


……………………………………………………