2010年11月12日金曜日

Emacs,org-mode:前言撤回,訴状(審決取消訴訟,査定系,当事者系)

前言撤回します。
もう少し極めてみたいとおもいます。


訴状(審決取消訴訟:査定系,当事者系)
雛形をつくりました。


org-modeでのコツは,

なるたけ見出しに,見出し名をつけ,
文章を入れないようにすると綺麗になります。


例えば,
知財高裁Webサイト:審理要領・書式に,
http://www.ip.courts.go.jp/documents/form.html

審決取消訴訟の訴状書式がUPされていますが,

この書式では,

審理の理由に対する認否のところは,

「1.手続の経緯及び本願発明」については,認める。

と項目に,文章を入れています。


しかし,
これだと,

目次が綺麗にならず,

書式を変化させる必要があります。


それなので,



3 審決の理由に対する認否

3.1 「1.手続の経緯及び本願発明」に対する認否

 認める。

3.2 「2.引用刊行物の記載事項」に対する認否

 認める。

3.3 「3.対比・判断」に対する認否
   「]  
 (以下上記を「本件対比・判断」という)
「本件対比・判断」の内,刊行物○に審決の引用する記載のあることは認めるが,刊行物○記載の……が本件発明の……に相当するとした点は否認する。

「本件対比・判断」の内,刊行物○に審決の引用する記載のあることは認めるが,刊行物○記載の……が本件発明の……に相当するとした点は否認する。



というように,敢えて,見出し名をつけました。


ちなみに,

3.3の,「]は,
審決のスクリーンショットを入れられるように変えました。
この部分は,引用するのに手打ちでは辛いところですので。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト