2010年11月18日木曜日

Emacs,org-mode:文章上達!(多分)…控訴趣意書完成!

形式から入るEmacs,org-mode

最近,文章本がよく出ています。


接続助詞「が」を使うな!
とか,
一文を長くするな!
とか,

色々あります。参考になる部分は,かなり多いは多いです。


それでも,物足りないなあ
という点は,どのような道具を使えばというのが,あまりないのです。


私は,文章はうまくはありませんが,
量は,普通の人に比べれば,かなり書いているほうです。仕事柄もありますが。
なんでも,ある程度のところは,
質より量
と考えているところもあります。



量を書くのに重要なのは,
とにかく文章を書くことに集中できる環境を整えることです。

Wordのこの設定が分からない!
というのは,無駄な努力です。


そして,もう一つ量を書く方法としては,アウトラインから考えるがあります。

とにかく,書きたい書けるところから書く
ことができれば,なんとなく文章はできていきます。


従来,アウトラインプロセッサーというジャンルは,Windowsでも,かなり出ています。
が,あまり満足するものはありませんでした。
ワープロも付加機能ばかりが多くて,肝心のアウトラインに特化するものはありませんでした。

しかも,問題なのは,せっかくアウトラインで作ったのに,これを実際の書面に転化する機能がほとんどなかったのです。


そこで,Emacs,org-modeです。

この利点は,

1. ほとんど完璧なアウトライン機能を有する。
2. 書面に転化する,HTML転換出力機能を有する。

というところです。


内容面は,形式面からついてくる!(はずだ)
私のような才能のない人には,重要な点ですが,この要望を,Emacs,org-modeは充たします。

一時期,htmlで全て組んでやろうか
とおもったこともありましたが,これを一からやるのは,とても大変です。
しかも,項目立てについては,同じ困難が生じます。

不完全でも,とにかく,項目立てについては,ほぼ要望を充たし,
html出力も,少々修正を加えれば使えるものになる
という利点は,極めて大きいものです。


完全に,Emacsの虜になりました。
黒い画面に,緑やらオレンジやらが出ているあやしい雰囲気も最高(?)です。


こんどは,Emacs,org-modeの限界を見極めることが重要とおもってきています。
Emacsは,じつは,なんでもできることが分かりました。
が,苦手なところはあります。
苦手なところまで,あえてやらなくてもいい
というのをスタンスにしたいとおもいます。
……………………………………………………
ということで,控訴趣意書完成です。

後は特性を磨くのみです。

#+BEGIN_EXAMPLEの前は,このぐらい空くなあ
とか
<pre>(半角)なら,このぐらいだ
とか,

課題は,まだまだあります。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト