2010年11月29日月曜日

Emacs,org-mode:訴訟戦略,絨毯爆撃後の掃討戦

 準備書面の提出について,少し考えているところがあります。

 準備書面の提出期限は,大体1か月くらいもらえます。


 知財事件では,割と結構厳格に守られ,遅れると裁判所から文句が出たり怒られたりします。そのため,知財事件をやっている人は,提出期限については真面目な人が多いように感じます。

 提出期限が定められながら,当日準備書面を出したり,ひどい代理人になると出さない人もいます。


 そのような人はおいても,

 準備書面の提出期限までに1通のみ出すのが普通です。


 私も,従来の習慣に従って,大体そのようにしてきました。

 しかし,1か月あったら,結構書けます。丁度,Emacs,org-modeでは,ダイジェスト版・まとめ版を作成するのは,Word等に比べれば,かなり負担なくできます。新兵器入手の実験とでもいえましょうか。


 絨毯爆撃的に準備書面を大量・広範囲に提出期限内で出し続け,ダイジェスト版とか,まとめとかを,その都度出す作戦も,時にはいいかもしれないとおもってきました。

 物量作戦は,戦争で有用な効果を発揮します。


 同じように,相手方に反論をする暇を与えない程度に絨毯爆撃をし,その反論をしているうちに,反論が間に合わないうちに,裁判所向けに,ダイジェスト版・まとめ的な準備書面を出す掃討戦も,事件によってはできると考えられます。


 丁度いい事件があるので,試してみたいとおもいます。
 
……………………………………………………
公式サイト携帯サイト