2010年11月9日火曜日

Emacs,org-mode:まじめにワードいらんかも

Wordの使い方としては,

私の事務所でもそうですが,

ある似た形態の事件で作ったものを,テンプレート的に残しておき,

それを元に新たな文章を作るのが普通です。



これの欠点は,まず,似たのを探すのが意外と手間ということです。

そして,今の事件に合わせて作るのも意外と大変です。

Emacs,org-modeのHTML出力であれば,
#COMENT: が強い意味をもちます。


#COMENT: 「1」↓刑事,趣旨・理由あり,頭がきあり
#COMENT:
#COMENT:
#COMENT:
#COMENT: 「1」↑ここまで

と永遠にくりかえしていけば,一つのファイルだけみれば,すみます。

連名分についても,単独分の後に書いて,連名分のみを#COMENT: をつけたりする必要もありません。
ガさっと,そのまま持ってきて,
ガさっと#COMENT: をつけたり外せばいいのです。


これは,ものすごく手間が省けることは間違いありません。

現在適当に入れて,#COMENT: 行だけで,40行程度ですが,

元々,テキストファイルですので,全く重くもありません。
(頭の方だけだし)。


どちらかというと,
秘書さん方に共感をもたれそうだ

Emacs使え!といわれて,逆に反感もたれそうですが…
書面自体は弁護士が使わないと意味がありませんので,書式設定の手間ですね,どちらかというと,htmlとかcssとかの。

やはり,反感だ…。


でも,すげー!
一番の大発見です。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト