2010年11月30日火曜日

Emacs・org-mode:全てを一ファイルにPart8:タイムチャージにつかえます

弁護士費用について,
タイムチャージを使う人もおおくなっています。

http://hpcgi1.nifty.com/spen/index.cgi?OrgMode/Organize_Your_Life_In_Plain_Text!
で,和訳されておられる
http://doc.norang.ca/org-mode.html#sec-2_2
の使用者Bernt Hansen氏は,

コンサルタント業務の人でしょうか
http://ca.linkedin.com/pub/bernt-hansen/10/8b6/995

相当厳格に仕事を時間に見積り,それに,org-mode:agenda機能を使っています。


タイムチャージをするなら,
計測が必要ですから,この人のやり方は,大変に参考になりますね。

エビデンスもきちんと保存しており,
しかも,顧客毎のファイルにタスクが記載されていますので,
タスク管理と請求費用相当時間がリンクされるようになっています。


タイムチャージの難しさに,
時間管理とタスクとをどうリンクさせて,
どう顧客に納得させることができるか
という点があります。

全てを一ファイルに!は,間違ってはいないことを確信しました。


自分に合ったシステムを作るのに,大いに参考にします。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト