2010年11月18日木曜日

Emacs,org-mode:Table of Contentsは,「目次」です

Emacs,org-modeの
出力オプションで,
#+OPTIONS: toc:nil等
と文書に挿入することで,出力の仕方,出力項目を調整することができます。

toc:nil
 これは,目次を出さないという意味です(逆に出す場合は「t」です)。「t」で,書くとデフォルトで,

「Table of Contents」という形で

org-modeでの見た目では(Emacs上),
最初の見出し「*」の直前,
「*」の直前に文章が書いてあれば(よく,上記当事者間うんぬんを書いている場合),その後に,目次が出現します。


 Emacsの中にあるorg-modeのマニュアルを読むと(英語),英語の設定だと,この「Table of Contents」になるようです。この中には,日本語がなく,「目次」と表示させるような方法は,今も分かっていません。



 「Table of Contents」という名前は一般的に浸透していないとおもいましたので,準備書面の前書きに,

「まず最初に項目名を示すため「Table of Contents」(目次)を記載しておく」

として,原則,目次を付けることにしました。



 頁数はつきませんが,あると見やすいのではないかとおもいます。


 カッコつけて英語使っているとおもわれない
か多少心配するところです(いやあ,私だから大丈夫そう…)。
 

 単にできないだけです。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト