2010年11月30日火曜日

IT技術の利用と法律:技術の選択が結論を決めることがある。

新しいシリーズ
(シリーズになるかは分からないが最初から一orgファイルを作っておくのは役に立つ)
として,IT技術の利用と法律を考えます。

タイトルは平凡ですが,法律より前にIT技術の利用があるところがポイントです。

法律や判例の考えが,
実は,IT技術を使えば,簡単に解決できる,損害を回避できるということもよくあります。

事務所HPで,いわゆる「まねきTV」事件を追いかけて書いたものがあります。
http://www.mizogami.gr.jp/news/ne_back/jim1901L25.htm
http://www.mizogami.gr.jp/news/ne_back/jim1901L25-2.htm


これは著作権法と不正競争防止法が問題になりました。ここでも少し書いていますが,この事件は,技術的には些細なことで,結論が大きく分かれる可能性があると考えました。

ある技術を採用するばあいには,差止!損害賠償!
別のよくある技術を採用したばあいには,否定
ということが,現実にはあるということになります。


単に,秘密管理指針を守っておけ!
では,これからは,少し不足するんではないかというところから,

どちらかというと,法律の説明よりも,
現実の技術の利用方法に重点を置いて書けたらいいかなとおもいます。


いつものように,ブログを書く毎に,orgファイルにまとめていきます。

……………………………………………………
え?また,大変なところに手を出した?

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト