2010年11月17日水曜日

Ubuntu,Emacs導入の道

Ubuntu,Emacs導入の道(費用編)
前にもまとめましたが,今一度まとめます。


* Ubuntu導入
 誤解があるようですが,Ubuntu自体を導入することは無料でできます。
 しかし,CDを焼くのも特殊な方法が必要ですので,インストールCD付きの雑誌を買うのが得策です。
  
  導入費用:約1500~2000円

 現在,Ubuntu10.04LTS desktop日本語Remixから,10.10となっています。

* 無線LANカードの導入
 線をつなければ,ほとんど問題ないのですが,無線LANカードの方に問題があって適合しない場合があります。
 ネットがつながらないのは,致命的ですので,ともかく,これだけは完全に動かす必要があります。適合しない場合,それにUbuntuを合わすことをかんがえるよりも,適合する無線LANカードを買った方が早いと考えます。
  
  導入費用:2000円くらい

 私の場合は,先走って買ってしまいましたが,なんか知らないけれど簡単に接続できました。

* プリンターの設定
 これは,苦労しませんでしたので,何も書けることがありません。苦労したら大変と思います(ドライバ導入・設定が大変です)。私のばあいは,メーカーのところでダウンロードして適当に(?)設定したら,動きました。

 目的は,HTML出力印刷ですので,不可欠です。

* Emacs,Mozc,ブラウザー(特にGoogleChrome)インストール
 Ubuntu10.04LTS desktop日本語Remixでは,Emacsは標準装備になっていません。
 しかし,これだけです。
 
 印刷するには,Firefoxをつかいます。

 GoogleChromeでは,印刷プレビューができず(これは頻繁にします),頁数等も簡単に設定できませんので(ただし,早い)。

  導入費用:0円

 マジでやれば,全て無料で構築できます。
 
 特に,Emacsについては,費用がかかるのではないか?と質問がされましたので,ここに書きました。

* Emacsの習得
 費用よりも,最初は,これが大変だとおもいます。
 しかし,書面作りだけであれば,覚えることも最小限です。
 
 org-modeの一機能だけ使えれば,書面作りは可能です。

* HTML,cssへの道
 次の難関は,これです。

 適当でいいので(私も適当…),見た目さえよくなることができるように,微調整をしながらすれば,自分のPC,自分のプリンター,自分のブラウザーだけに適合すれば,なんとかなります。
 全てに適合は,多分難しいのではないかとおもいます。そこまでする必要はなく,事務所に一つ(事務用に,もう一つあるとベスト)あれば,よいとかんがえます。

 これができなくても,実は,かなり楽になります。出てきた画面をコピペして,ワードに貼り付ければ,ワードで苦労する,特に見出し(項目)設定が不要になります。 
 アウトラインの便利さを堪能できます。

……………………………………………………
H221122現在のコメント

厳密にいえば,
「Free」とは,プログラムの自由改変の自由で,かならずしも「無料」を意味するものではありませんが,
無料で構築できるという意味では,上記のとおりです。

法律的にも関係があるところですので,ライセンスのことについては,後ほど書きたいとおもいます。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト