2010年12月3日金曜日

Emacs・org-mode:tocの注意点(なぜ?tなのに出ない?)

 「早く綺麗な文書を作る【Emacs・org-modeを利用して】」(仮)
は,現在,70頁超です。

 導入から利用までを網羅した,他にはないものができた(まだ続きますが)と自負するところです。
(なんとも需要はまるでないのが最大の問題点ですが)

 この書面,実は,問題点がありました。

「#+OPTIONS: toc:t」
としているにもかかわらず,なぜか,目次が出ないのでした。

本文まるごとを,目次が出力されるファイルに,コピペしてテストしても,でないので,何が原因か?さっぱりでした。

もしかしてと思って,本文中にある,toc:nilとある部分を,C-s or C-rで,検索し,toc:tと全て変えました(若干文章にも影響しました)。

この#+OPTIONS:機能の記述は,まだ検証不足ですが,かならずしも,文の一番前で始まって赤くなってなくても効果が発揮される(場合もある)ようです。

出た!


htmlでみる場合は,目次がリンクになりますので,とても便利です。


ついでに,cssも,
まずは,個々のファイルに,

@<style type="text/css">
#table-of-contents
{
font-size: 85%;
line-height: 1.4em;
}
#table-of-contents ul
{
list-style: none;
margin: 7px 0px 7px 15px ;
padding: 0px;
}@</style>

と記載して,

字を小さめに,見出しのレベルごとで段落下げをしておきました。
(おそらく,デフォルトcssは,こうなっていますが,勝手に(たぶん自分で無意識に)変更になっていましたので)。

cssは,最初は,個々のファイルに上記のように記載してテストを重ね,うまく行くとおもった段階で,本来のcssファイルに書き込むことにしています。

毎日少しづつ書式は変わっていますので,
私は,agenda対象のnote.orgに,日付(C-c.)を入れて,そこに書き込んでいます。


toc問題は,これで完全解決です。

……………………………………………………
「早く綺麗な文書を作る【Emacs・org-modeを利用して】」(仮)については,相談,ご紹介ないし依頼をしていただければ,無料で差し上げることにしました。
 要らん!と言われますので,もちろん,ご希望の方のみです。

……………………………………………………
公式サイト携帯サイト