2010年12月15日水曜日

Ubuntu10.10完全ガイド…Emacs特集にすればよいのに

Ubuntu10.10完全ガイド(インフォレスト株式会社発行,2010.12)を買ってしまった。
1260円でした。

もちろん,狙い(?)は,Ubuntu10.10LTSdesktop日本語Remix(H221215修正。LTSではないですね。修正します)のCDロム買っておこ
というものです。

表紙に,初心者歓迎とあります。こういってはなんですが,初心者に魅力を感じさせる記事は,あまりありません。(別に,Ubuntuにしなくても…という記事満載です)

10.10は,10.04と比較して,大幅な変更点がありませんので,当然といえば当然かもしれません。

10.10は,
Mozcが簡単にインストールできるようになりました。
イーモバイルが,簡単に接続できる!(ようです)。
これぐらいでしょうか,関心記事は。


Emacsの言葉は,ヒトコトもありません(ザーッとみた感じです,多分ない)。

なんかズレてます。
もともと,Winに満足の人には何らアピールしませんし,不満な人には何だ一緒じゃんとおもわせるんです。


どうせなら,Emacs・org-mode特集をして,一見マニアックのような編集をした方が売れるとおもうのに(しらんけど)。

Emacsは,ネット上には,たくさん情報があります。
org-modeも,かなりたくさんあります。

が,合わせて,html・cssを駆使して(駆使しなくても意外と適当に),

  ふつうの文章を作る

という情報は,極めて少ないといえます。

 プログラムとか,
 Webサイト作成とか,
は,やはり,まだ特殊な分野といえます。
 
 俺,そんなん使わないし!
で敬遠されてしまいます。

文章を作るアプリケーションとしては,OOoが紹介されていますが,やはり,まだ性能的にはWordの方が上とおもいます。OOoは,Win版もあり,使ってみた人も多いとおもいますので,ワザワザUbuntuを入れる動機がありません。


ついでにまだまだ勉強しなければいけないですが,次期標準html5は,構造をより重視するものとなります。そうなると,文章作成にも役立つんではないかとおもってきています。

…改ページをなんとかして…
…なんとかして,1頁におさめるのを簡単にできれば…

 htmlが文章作成の標準になる!(かもしれない)

だから,今のうち,Emacsとorg-modeとhtml・cssだ!
(ものすごく適当…)

そのために,Ubuntuを!

と,アピールした本なら


…売れないな,間違いなく…


電子書籍なら,少しの部数でもいいじゃん!
と無駄の抵抗をしてみる。
……………………………………………………
公式サイト携帯サイト