2011年1月15日土曜日

知財高裁のまとめ:ラベルの意味

知財高裁のまとめ
のラベルの意味を,ここで説明します。

Bloggerのラベルは重複もあります。

「事実認定」
  もっぱら事実認定に関すると判断されるものです。

「判断方法」
  たとえば,容易想到性の判断は,こうするんじゃ!という判断方法を示したものです。

「基準」
  これは,新たな基準,もしくは,既存の基準を
    知財高裁が明示的にまとめた部分がある場合につけるラベルです。
  準備書面等で引用すべきものです。

「解釈」
  法律等の解釈を示したと判断されるものです。「基準」とは少し概念が異なります。

「記載方法」
  これは,伝統的な判決書きの記載,見本となると考えられる記載と判断したものです。
  準備書面等の項目にも役に立つ場合があります。

「コート:…」
  これは,知財高裁部総括判事の名前を入れています。知財高裁は,裁判長の個人的カラーが出易いので目安として付けました。コートを先に書いているのはラベルを揃えるためで,特に意味があるわけではありません。


後は,それに関係しそうなものです。あまり厳密に考えてつけているわけではありません。

………………………………………………………………………………
知財高裁のまとめ公式サイトGAEサイト携帯サイト