2011年1月18日火曜日

知財高裁のまとめ:Emacs:コピペすると,改行が入るし,2行になるし

知財高裁のまとめ

特許:進歩性刊行物の著者「解釈」,「刊行物に記載された発明」の程度「解釈」,進歩性の判断方法(出願当時の技術水準)「判断方法」(最高裁判決引用):(知財高裁平成22年12月22日判決(平成22年(行ケ)第10163号審決取消請求事件))

で,判決原文(引用),判決原文(全文)をコピペすると,

改行が入るし,2行になる…

これは,ワードでもよくありました。Wordのやり方は知りません。
改行を外すの,とても面倒なのです。

Emacsなら,

 「M-^」(改行外し後,空白半角が入るので,更に)「M-\」

で,簡単に直ります。


一応,使い勝手の面から,縮小版だけは,します。
あとのは面倒なので,やるかは分かりません。コピペすると改行が入ってしまうのだ(見やすいは見やすい)。
……………………………………………………
Wordなら,【ツール】→【オプション】→(表示)タブ『段落記号』チェック外し,何も入れず置換ですね。

引用するかもしれない,「当裁判所の判断」だけは,しておきます。

……………………………………………………
知財高裁のまとめ公式サイトiPad用(GAE利用サイト)携帯サイト