2011年1月24日月曜日

Emacs:文字コードと携帯サイト(2011-01-24 月:作成)

* Emacs:文字コードと携帯サイト(2011-01-24 月:作成)
Windowsだけを使っていると,あまり意識されませんが,文字コードは,かなり重要な問題です。
ブラウザが勝手に変換してくれるので,何も作らなければ,あまり知らなくてもいいのかもしれません。


携帯サイトは,色々調べると,

「Shift_JIS」

で作らないといけないらしかったです。

jimdo携帯向けサイト
では,「utf-8」で作ってたみたいです(基本から間違っていた!)


適当すぎました・・・。

そもそも,jimdoでは,本当の携帯サイトは,無理みたいですね。


ま,最近は,普通の携帯でも普通のサイトをみられるので,あまり問題ないようにおもいますが。
今一度,作ってみました。

 携帯サイト



ちなみに,Emacsは,文字コードを扱うのは極めて得意です。

Emacsで開いたときに,文字化けしているときは,

   C-x RET r utf-8-unix

等と,utf-8(Ubuntu10.04LTS desktop 日本語Remix標準,Emacs23標準),sjis(これが,Windows標準「Shift_JIS」), euc-jp(unix標準)を入れ,更に改行コードを「utf-8-unix」等と入れます(改行コードは,WInの「-dos」,Macの「-mac」があります)

これで,文字化け解消となる!はずです。



文字化けしていないときで,別の文字コードで保存するときは,

   C-x RET f utf-8(-unix)

で開いているファイルの文字コード(改行コードも)も変更が可能です。


他に,ファイルに直接,
「-*- coding: utf-8 -*-」
と書き込む技や,dir操作をする技があります。



文字コードの処理は,Winでのメモ帳,Ubuntu10.04LTS desktop 日本語Remixでの「gedit」は,激弱です。

「gedit」なんかは,他のファイルは何にも開かないぐらい激弱です(最初,結構なやんだ)。


おそらく,いや,間違いなく,Emacsは,文字コード処理については,最強部類に入ります。



一応全体の流れとしては,utf-8に向かっています。

それなので,私のものは,すべて,utf-8が,標準となっています。

色々なものを書くばあいには,Emacsじゃないと不便なところがあります。
ますます,やばいですねえ。

……………………………………………………
知財高裁のまとめiPad用(GAE利用サイト)携帯サイト公式サイト