2011年1月21日金曜日

Emacs/org-mode:連絡文書,全てを一つのファイルで(2011-01-21 金:作成)

* Emacs/org-mode:連絡文書,全てを一つのファイルで
弁護士の仕事の大きなウェイトを占めるもので,

依頼者への連絡文書,FAX文書
相手方(代理人)への連絡文書,FAX文書があります。

こういうのを手早くするにも,Emacs/org-modeでの,全てを一つのファイルで!が役に立ちます。

通常は,依頼者ごとのファイルに書いておけば足ります。やり取りが多くなっても全てが時系列で並べることができます。


一回こっきりの文書は,連絡文書単体のorgファイルを作って,相手先と依頼者のところだけを変えれば,文章だけになります。事件に関係しそうになったら,リンクしておくか,コピペして移しておくことになります。


連絡文書は,A41枚で行きたいので,通常のファイルでやる場合は,最後のところに,

#+STYLE: <style type="text/css">
#+STYLE: *{margin: 30mm,20mm,25mm,30mm;}
#+STYLE: body,h2,h3,h4{font-size:10.5pt;}
#+STYLE: </style>
#+OPTIONS: num:nil author:nil creator:nil LaTeX:nil timestamp:nil \n:nil ::t Tex:nil toc:nil
等と置いて置けば,字を小さくできます。この場合は,番号や目次はいらないので,「num」や「toc」を「nil」にします。送ったら,書式を元に戻すために,コメントアウトしておきます。


また,送ったことを自分で分かるように,

    to誰々H230121fax等で「*」見出しを作っておき,

    「C-c,C-t d」(私のばあい),で「done」にして,

    返答期限などをデッドラインにしたり(自分がするばあい),「wait」にして(相手方の期限のばあい),さらにタスクを作っておきます。

便利です。

……………………………………………………
知財高裁のまとめiPad用(GAE利用サイト)公式サイト携帯サイト