2011年1月13日木曜日

Emacs/org-mode:やりたい放題の画像貼り付け,新たな証拠説明書構想

準備書面大体あがりました。

今回は,最終準備書面でしたので,

引用尋問を,スクリーンショットで撮りまくり(画像名を,Ssa.pngから始まって,Ssuぐらいまで),

貼り付けまくりました。
(正確にはリンク貼り付けです)


尋問の供述内容を,そのまま引用することは判決書きでは(経験上)少ないと思いました。

たいがい,内容を裁判官がまとめて,(原告供述)等とすることが多く,どちらかというと,尋問項番号(最近は,ついている場合が多い)も含めて,主張書面に現れているほうが便利だとおもい,そうしました。



裁判官は,証拠説明書を重視するといわれています。
従来,Excelで作っていましたが,

全てを貼り付け型のEmacs/org-modeに変えてみても,いいかなと思ってきました。

構想としては,


・一々証拠を提出するたびに前のもまとめて,提出する。
(これは,org-modeでなら簡単)

・もちろん,甲1等の証拠番号,作成日付,立証趣旨等は,記載する。
(従来のとおり,表形式がよければ,それに合わす。これもorg-modeで可能)

・追加して,証拠そのものの画像を貼り付け,それだけみれば,いいようにする。
(準備書面への貼り付けと一緒に使い回す)

・もちろん,全てを一ファイルで!の理念から,準備書面と同じファイルで作る。


自分にも便利ですね。

……………………………………………………
公式サイトGAEサイト携帯サイト