2011年1月11日火曜日

Emacs/org-mode:Footnotes(脚注)

Emacs/org-modeでは,

Footnotes(脚注)をつけることもできます。

http://orgmode.org/manual/Footnotes.html#Footnotes

htmlは印刷頁を制御するのは難しいので,一番後につきます。
(本格的にこなすならば,LaTexを使う必要がある)


・Footnotesのつけかた

C-c,C-x f

これで小さい添字と脚注がつきます。

・インライン表示

#+STARTUP: fninlin
とorgファイルに記載


脚注見出しへ飛んで,そこで中身を書くというのが上記ですが,文章の中身に書いてしまうこともできます。上記のように書いて上記コマンドを押すと,

「Emacs[fn:1: Emacs-snapshot],特に,org-modeは,…」

と飛ばずに書き込めます。文章の中に脚注が入り込んでしまうので,書いている見た目と印刷表示が異なることになります。

htmlを使うときにも問題になりますが,印刷表示見たままを,なるだけ表示した方が書きやすいかの慣れの問題となります。慣れるとインライン表示の方が見やすくなるとおもいます。



・C-uを併用

C-u,C-c,C-x f

で,Footnotesの詳細選択が出ます。

s:ソート
r:リナンバリング(番号付け替え)
S:s+r
d:Footnotes削除

です。


・Footnoesの表示

デフォルトだと,英字で出ます。

#+LANGUAGE: ja
とした場合に,見出し(toc等も同じ)を日本語化する場合には,

ドットemacs「.emacs」に,

(custom-set-variables
  ;; custom-set-variables was added by Custom.
  ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
  ;; Your init file should contain only one such instance.
  ;; If there is more than one, they won't work right.
 '(org-export-language-setup (quote (("en" "Author" "Date" "Table of Contents" "Footnotes") ("ja" "作者" "日付" "目 次" "脚注")))))


と書き込みます。

・Footnotesの書式

これは,cssで変更できます。

文書ファイル(orgファイル)の中に,
例えば,

@<style type="text/css">
.footnotes,#footnotes 
{ 
  font-size:9pt; 
  padding-bottom:30px;  
  border-bottom:0.4px solid #CCCCCC; 
  border-top:0.5px solid #CCCCCC;
}
@</style>


or

#+BEGIN_HTML
<style type="text/css">
.footnotes,#footnotes 
{ 
  font-size:9pt; 
  padding-bottom:30px;  
  border-bottom:0.4px solid #CCCCCC; 
  border-top:0.5px solid #CCCCCC;
}
</style>
#+END_HTML


or
#+STYLE: <style type="text/css">
#+STYLE: .footnotes,#footnotes 
#+STYLE: { 
#+STYLE:  font-size:9pt; 
#+STYLE:  padding-bottom:30px;  
#+STYLE:  border-bottom:0.4px solid #CCCCCC; 
#+STYLE:  border-top:0.5px solid #CCCCCC;
#+STYLE: }
#+STYLE: </style>


とするか,

外部cssに上記(スタイルタグ除いて)書き込むかで,できます。


意外とまとまっていなかったので,まとめてみました。

……………………………………………………
公式サイトGAEサイト携帯サイト