2011年1月26日水曜日

Sphinx利用サイト:更新してみました。

適当に更新

Sphinx利用サイト

ものすごくデフォルトでも
使っている人が少ないので,
オリジナルのようにみえますw

デザインなんかも,業者に頼む必要はなくなっているかもしれません。


結構質問がありますので,費用のことを書きます。

OS:
Ubuntu10.04LTS desktop 日本語Remix 雑誌での付録CDロム 1500円程度

Editor:
Emacs 無料
org-mode 無料

サーバー:
Google App Engine利用 無料

html作成ソフト(?):
Sohinx利用 無料

Emacs/org-modeは,仕事で使えるようにまで高めましたので,
Sphinxを,それにもということには今のところはならないとおもいます。
サイトのソースを見ていただければ分かるとおもいますが,
極めてシンプルな書き方で,いくことは確かです。サイト作成に純化するとおもいます。


こうなったら,意地でも,費用をかけずにいきます。
じっさい,小規模グループ,小規模会社なら,これで十分です。
自分で文章を簡単に直せるメリットはなによりも変え難い。

少しの誤字でも人に頼まないと直らないということになれば,
最初にある程度のコンテンツを考えないといけないのならば,

完璧な文章を,しかも,たくさん最初に考えないといけません。

難しいんですね。そういうの。それなら,なんでもかんでも少しづつでも取り敢えずのせてしまい,後で訂正・加筆ができるようにする方が,今の時代にあいます。

デフォルトデザインは,完全に,Sphinxがjimdoに優っています。
これを公式メインサイトとする道ができてきています。

……………………………………………………
知財高裁のまとめSphinx利用サイトGAE利用サイトjimdoサイト携帯サイト