2011年2月23日水曜日

逆説的な著作権:プログラムは,無駄が多いほどいい?

逆説的に書くのも議論の出発点にはいいとおもいます。

通常,プログラムは,より美しくといわれます。

よいプログラムは,美しいものであるべき,シンプルであるべきというのが,共通理念となっています。

いま,中華人民共和国やインドで,製品のソースコードの提供をもとめるというボンクラ(?)政策がいわれています。


そうなると,より美しい,よりシンプルなプログラムは,逆に解析がされやすいといえます。

そこで逆説的ないいかたを。

無駄なプログラムを,たくさんつける
 または,
ものすごくマイナーなプログラム言語を使用する


こういう業務に直結する情報は私に言われないでも,
現実にたずさわっている人の方が早く,より良い対応を考えておられるとおもいます。

問題は,私らのような弁護士・弁理士側の対応です。

マイナー言語の勉強もしておくのもいいかもしれません。
まずは,基本からいかないといけないのはもちろんですが…先は長いなあ。
……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)GAE利用サイト知財高裁のまとめjimdoサイト携帯サイト