2011年3月8日火曜日

間違いやすい法律用語:被告と被告人

被告:民事訴訟での訴えられた当事者
被告人:刑事訴訟において訴追された当事者

厳密な法律用語の定義を書いていませんが,簡単にいえば,

民事が,被告
刑事が,被告人
です。

マスコミの弊害ですが,刑事で,●●被告というのは,完全に間違いです。

これのおかげで,被告とされた!と怒る人もおられますが,

被告は,元々無色な用語で(悪い意味はなんらない),
被告人は,刑事訴訟においても,当事者的立場を強調すべきという客体から主体へという歴史的意義が含まれるものです。


最近,あるテレビで,裁判員制度が舞台になっておりました。弁護士が,被告人ときちんと言っていたので,関心しました。

もっともよく目につく正確ではない法律用語の一つです。

……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook知的財産法研究会ITと法律研究会フェイスブック活用法研究会(実践編)