2011年3月26日土曜日

刑事:真実は,やはり,強い。

弁護士は,刑事事件のばあいに,事実を曲げる
と言われたり書かれたりします。

すくなくとも,私は,事実を曲げることは,したことがない(とおもう)。

事実は,かなり,強い。これは,間違いありません。

ほんとうならば,どのようなツッコミでも,自信を持って答えることができます。
ほんとうならば,取調べの質問でも,どっちが有利かなとか,これはカマ掛け?とかおもわなくていいはずです。


たとえば,共謀は,特定の犯罪の謀議です。

犯罪をしよう!おお!
という犯罪の輪の中に入るということは,どのような常習者でも,緊張するものです。悪いことをするということは,自分でよく覚えているものです。

逆に,犯罪をしていないのであれば,日常の会話をしているはず,ということになります。この日常の会話は,実に覚えていることが少なく,思い出すことが,かなり,困難です。

しかし,本当にしていないのであれば,思い出させます。
日常のたわいない会話が必ずあるはずだ,
日常の会話が,
どのように会話が始まって,どういう声掛けで,その話題になり,誰が何を,順番は?
そういうことが詳細に出てくれば,日常の会話のかたまりができます。

その中に,別の犯罪の輪の中に入るということばや行動が入る余地があるか?ということになります。

よくあるように,共犯者が,捜査官と一緒に,結構適当な共謀のことばで調書が作られることがあります。


もちろん,こちらの日常の会話のかたまりは,調書にしてくれませんので,被疑者ノートなりで自分で,勾留中に書かせます。自分のことばで,セリフ方式で忠実に再現させます。
これと,調書の記載とどちらが信用できるかというところにもっていく準備をします。
同じく,調書には署名捺印しなくても,そのことを言わせ,調書の形まで持っていくようにします。
(結構粘ると,お前のいうとおりに書いてやるというところまではしてもらえる,署名捺印がなくても,捜査資料にはなります)。



しかし,私は,被疑者ノート(実際には,レポート用紙がおおい)を裁判で実際に用いたことはありません。

なぜなら,これが完全にできた人は,不起訴になっているからです。

人間は,嘘は,作れません。
真実は,やはり,強い。
……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会