2011年4月7日木曜日

テレビ朝日ドラえもん基金(2回目),今度は,ジャパン・プラットフォーム 1億円,国連WFP協会5,000万円

テレビ朝日ドラえもん募金
「東日本大震災被災者支援」募金報告(第2回)
が,報告されています。

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemonbokin/

第2回分として、6億5,000万円の寄託先を決定いたしましたのでお知らせします。
岩手県、宮城県、福島県に対し、被災された方々への支援に、それぞれ1億円ずつ、その他、日本赤十字社に2億円、被災地のNGOを支援するジャパン・プラットフォームに1億円、物資輸送などを支援する国連WFP協会に5,000万円を、テレビ朝日福祉文化事業団を通じて贈りました。
寄託されたお金は、全額、東日本大震災の復興支援にあてられます。
視聴者の皆様から寄せられた、温かいご支援に深く感謝いたします。
と書いています。

第1回にはなかった国連WEP協会に,5000万円が行きました。

スクリーンショット↓

前より情報が多くなっています。

〈ドラえもん募金は、全額、東日本大震災の復興支援にあてられます〉
 現在、国・各県・各自治体などでは、救援・復興活動を行いながら、被害状況を調査していますが、全体像を把握して義援金が支給されるまでには、まだ時間がかかると予想されています。そのような状況下で、テレビ朝日では、被災者支援活動により迅速に生かされるための方法も検討したうえで、寄託先を選定しています。
 テレビ朝日では、寄託先に対し、「どのように使用するのか」だけでなく、「結果としてどのように使用されたのか」を含めて継続的に取材し把握に努めます。

「全額,東日本大震災の復興支援にあてられます」とありますね。
その下にある

◎ジャパン・プラットフォーム(JPF)
ジャパン・プラットフォームの傘下で活動するNGO等の今後の活動資金となるよう、JPFに1億円を寄託しました。

の「今後の活動資金」というのは,文脈上は,「東日本大震災の復興支援」の「NGO等の今後の活動資金」としてみるべきでしょうか。

赤十字が一番多くなりましたが,
それでも,また1億円が「寄託」されました。

スクリーンショット↓


新しく加わった
◇国連WFP協会とは…
「WFP国連世界食糧計画」は、飢餓と貧困の撲滅を使命に、食糧の調達・輸送・配布を行っています。本部はローマ。活動資金は、各国政府の任意拠出金や企業・個人・団体からの寄付でまかないます。
その日本の窓口となっているのが、国連WFP協会(特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会)です。

と説明があります。

これも文脈上は,上の
「全額,東日本大震災の復興支援にあてられます」
と一体化してみるべきでしょう。


なお,
「WFP国連世界食糧計画」に関して,最近の記事にこういうのがありますね。
対北支援:国連世界食糧計画の報告書に疑問の声
2011年04月01日08時06分
提供:朝鮮日報
http://news.livedoor.com/article/detail/5457538/

 韓国政府が特に問題している部分は、WFP報告書の18頁から20頁に記載された「北朝鮮の食糧備蓄量」に関する部分だ。WFPは北朝鮮政府が提示した資料だけに基づき「北朝鮮では昨年10月の時点で117万9252トンの食糧を備蓄していたが、これを配給が必要な階層に1人当り1日360グラムから400グラムずつ分け与えた場合、今年5月には備蓄が底をつく」と説明している。しかし昨年11月のWFP報告には、このような内容は記載されていなかった。北朝鮮がWFPに食糧備蓄分について伝えること自体、今年に入って韓国政府がこの問題を引き続き取り上げたことに対するものとの見方もある。また北朝鮮の主張通り、備蓄米を一般の住民に配給していれば、今回のWFPによる現地調査が行われていた2月末から3月初めごろの備蓄量は、20万8238トンから40万9350トンほどに減っているはずだが、実際は備蓄分の残りについての記載は報告書にない。

 そのため韓国政府は30日にWFPの関係者と会った際、この点について集中的に問いただした。「今回の報告書には北朝鮮での備蓄量について明記されているが、昨年11月の報告書にはなぜこれがなかったのか」「現在、北朝鮮に残っている食糧は本当に20万トンから40万トン程度なのか。実際に目で見て確認したのか」などと尋ねた。

 これに対してWFPは、北朝鮮で備蓄された食糧を実際に目で見て確認したかどうかは明言しなかった。WFPの担当者は「北朝鮮政府が資料を提供した。不足分を計算する際にはそれを100%反映したわけではなく、複数の状況も考慮に入れた」と説明したという。これに対して一部では「WFPによる調査そのものが疑問」との見方も出ている。世界各国が北朝鮮に対する支援を減らそうとしている中、資金難に苦しむWFPが北朝鮮への支援の必要性を強調し、支援される額を増やしたいとの誘惑に駆られ、北朝鮮の主張を一方的に反映させた可能性もあるというわけだ。韓国政府の関係者によると、WFPは寄付された額の7%ほどを活動費などとして使っているという。

北朝鮮に食料が足りない足りないといっているところです。
「北朝鮮政府が提示した資料だけに基づき」と記載されています。


今回は,
文脈上は,上の
「全額,東日本大震災の復興支援にあてられます」
と一体化してみるべきなので関係はないとおもいますが「資金難に苦しむWFP」とありますね。


この二つの分の寄託理由についてスクリーンショット↓



……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会