2011年4月20日水曜日

弁護士を頼む意味:交渉窓口の一本化:指揮系統は,一直線に!

自分の国ですので,
実験は,ホントに困るのですが,今の政府と民主党
は,危機管理の動き方として,
本当にダメな典型例です。

わざとやっているんじゃないかとおもうぐらい,会議のみを乱立させ,
指揮系統がバラバラ,責任の所在が不明となっています。

参議院議員佐藤正久サイト(自民)
http://east.tegelog.jp/index.php?blogid=24&catid=164&page=2

佐藤議員がまとめているのですが,このとおり,線になっていないのが,現状です。

緊急事態なほど,指揮系統を一本にすることが重要です。

弁護士に事件を依頼するばあい,
 交渉窓口を一本化する
ということが極めて重要になります。

示談交渉をする場合,いろいろな人が,その場その場でいろいろなことを言っていたら,まとまる話もまとまりません。

弁護士を頼むことで,
窓口を一本化し,
緊急事態における指揮系統を一直線にすること
ができます。

交渉窓口の一本化,
指揮系統の一直線化は,
危機管理のもっとも重要な一つの要素になります。

……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会