2011年4月26日火曜日

原発事故に関する損害賠償(6)・・・「過失」,一番いいのは,「法律」違反の「作為」です。

原発事故みたいな
当事者も多く,
国益も伴い立法による許可的な行為も多く,
技術的科学的にも複雑な場合は,

裁判所に対して「過失」を主張するばあいにでも,
分かりやすく,
結果にできるかぎり近いもの
が一番よいものです。


たとえば,事故前に,何々という立法をしなければならなかったのにしていなかった
というのは,結果からも遠く,そもそも,立法行為というのは広い自由裁量がありますので,
とても難しい類型となります。

また,法律があって,それに従った,または,法律が基板となった政令等やガイドラインに従った
という類型について,過失を主張するのも大変な類型です。
法律は当然,政令等やガイドラインにしても専門的知見を集積した科学的技術的根拠があるものと推定(法律上の用語ではない)されますので,それを覆すような論争をする必要がありますので,これも難しいといえます。


過失は,「法律」違反に限らないというのも確かです。しかし,これも,実は,何をすべきであったかという根拠とするには難しいものがあります。

やはり,過失で主張するには,一番いいのは,
明確な法律違反をいえることです。

たとえば,東電ではないですが,
民主党政府の

参考リンク:原子力災害対策特別措置法の重大違反
    http://utsuboiwa.blogspot.com/2011/04/blog-post_19.html

で示した

閣議決定を経ない「原子力災害対策本部」の設置(しかも勝手に二つ),
原子力災害合同対策協議会を設置していないこと

のような明確な法律違反は,「過失」における,何をすべきだったか?という点の主張・立証に,とてもよいものです。


ただ,問題は,上記の問題は,どちらかというと拡大損害的なものの過失に該当するので,主責任があると考えられる東電の過失にはあまり影響しません。


本件事故は,結構当初から,政府が行動していますので,
いちいち行為をつかみ,何をしていたか(結構,これが分かりにくいです)を把握する必要があります。

証拠として,
 当時の新聞・雑誌等を保存しておきましょう。


ちょっと長くなったので,次は,「作為」の過失について書きます。

……………………………………………………・
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会