2011年5月25日水曜日

Emacs/org-mode:電話メモにも役に立つ。

弁護士の仕事は,電話はかなり多い。

その会話の内容を,正確にメモして,依頼者に伝えたり,依頼者との打ち合わせの材料にしたり,ときに依頼者と言った言わないというトラブルに巻き込まれないために電話メモは必須です。


録音というのは,文字にかきおこすことが難しく,微妙なニュアンスも伝えにくい。

電話のそのままの表現(事実)は,もちろん,そこから伝えられる・考え出されるべき「意見」(感想)が後に,当時の認識として重要な証拠となる場合もあります。

電話メモの方法としては,むかしながらの紙のメモが,簡単だし速いです。

ただ,この方法だと,メモをなくしたり,証拠化することが難しかったりします。

そこで,最近は,Emacs/org-modeを使っています。

見出しをつくり(M-RET)(1段*つくって,二段目の**のところでするのがよい)
岩tel→誰々
などとして,その後に,C-u,C-c,「.」です。
そうすると,

** 岩tel→●●090−0000−00000<2011-05-25 水 09:18>

などと記録されます。

もちろんすべてのファイルを一つに!という理念から,文書ファイルと同じところに書き,一元化します。


便利!

……………………………………………………
メインサイト(Sphinx利用)知財高裁のまとめMY facebook弁護士・弁理士 岩原義則知的財産法研究会ITと法律研究会弁護士・弁理士サービスのフェイスブック活用研究会