2011年8月31日水曜日

MacbookAir(MacOS)とVirtualBox:Ubuntu間でファイルを共有

*MacbookAir(MacOS)とVirtualBox:Ubuntu間でファイルを共有*

「目的」
 VirtualBoxで動くUbuntuで,直接ファイル移動,コピーができないので,フォルダ間移動を可能にする。当然ながらオフラインでもできます。




まず,ホスト側のMac側で,
ファイル共有をします。
http://inforati.jp/apple/mac-tips-techniques/windows-hints/how-to-set-up-shared-folder-of-virtualbox-in-mac.html

あまり難しく考える必要はなく,Userフォルダ内に,ホスト側フォルダを作成(mkdirで,端末からが楽)。
(「VB_ShareFolder」と作った)

VirtualBox デバイス→共有フォルダ,さらに,共有フォルダ登録(右端ボタンで,「完全」と出るようにする)。

上のリンクは,ゲストがWInなので,Ubuntu側のものを
(ホスト:MacLion,ゲスト:Ubuntuのサイトはみあたらなかった)。

http://hisway.at.webry.info/200808/article_15.html

Ubuntuで端末を開いて,
ホーム・フォルダ下に,「VBShare」フォルダをつくり,

sudo mount.vboxsf VB_ShareFolder /home/user/VBShare

などと入れる。
(home以下は,Ubuntuのもの,「場所」でたどればわかります。)

さらに,

sudo gedit /etc/rc.local

と端末に(コピペは,C-S-v(Ctrl,shiftとv))。ちなみに,geditは,Ubuntuのデフォルトエディタです。

ここのファイルに,
「最終行の"exit 0"の前に」
先ほどの
sudo以下の
「mount.vboxsf VB_ShareFolder /home/user/VBShare」
をコピペ(この場合は,エディタなのでUbuntuデフォルトでは,C-v)し,保存

再起動後,Ubuntuの「VBShare」にアクセス(なにかファイルをMacbookAir側で入れて)して,ファイルがみえれば成功

コマンドの方が,簡単だったりしますね。

一から調べると
大変なので,2つのサイトを組み合わせた
同じものですが,メモ的にかいてみた。

ブログ化もしておこと

………………………………………………………………………………