2011年8月22日月曜日

MacbookAir(MBA)に,CrossOver体験版でWord2000,Excel2000を入れてみた

*MacbookAirに,CrossOver体験版でWord2000,Excel2000を入れてみた*

まず,MacbookAir(MBA)に,外付けHDDは内蔵されていませんので,リモートディスクを使って,インストールする必要があります。
設定方法は,ここに書いてあります。

http://support.apple.com/kb/HT1777?viewlocale=ja_JP

Win側に共有のソフトインストールする必要がありますが,
http://support.apple.com/kb/DL112?viewlocale=ja_JP
指示どおりすればインストールできます(MacOSLionはないですが構わず)。
MBAでは,どうやら,基本は,この共有でCDドライブを使うのは,ソフトインストール専用という理解のようです。

CrossOver体験版をMBAに入れ,共有されたドライブ(私のばあいは,ネットワークでつながっている事務所メイン(デスクトップ,WinXP)に,Office2000を入れます。

CrossOverのインストール先を,共有ドライブに選択し,インストール,CDがまわり,インストールが始まります。

ここから先は,Winのインストールと同じです。
要らないソフト,機能はなるだけ省きました。

WinIMEも入れません。

インストールが終了すると,
Word,Excelのアイコンが出ますので,これをドラッグしてアプリケーションのところに入れておきます。

画面の表示は,
http://j-phone.seesaa.net/article/132841018.html
のようになります(CrossOverのバージョンが違うせいか,若干みためはちがうが)。


Wordを稼働してみました。

・・・
はえーーー!
十分使えます。
しかも,MBAのDropboxに直接アクセス(Wordから開く)することができます。


なんじゃあ,これ。CrossOver体験版は,30日間ですが,これは,買うかもしれません。
しばらく使ってみます。

………………………………………………………………………………