2012年2月8日水曜日

MacbookairとCrossoverMac:cups-pdfを使い,wordをPDF化

1.Crossoverでする印刷
Crossoverは,かなり使えますが,唯一弱点ともいえましょうか,かなりプリンタに相性があり,できるものとできないものがあるようです。

また,できてもドライバがぴったりいかないのか,他のWinで印刷したときとは,体裁が異なることがあります。

そこで,PDF印刷をすることでしのぎます。

2.「cups-pdf」を使い,wordをPDF化
2.1 「cups−pdf」
Mac(Lion)では,デフォルトでPDF保存・印刷機能があります。普通は,これを使えばいいのですが,
Crossoverを用いる場合,Wine経由の場合は,Wordの印刷のところに,MacデフォルトのPDF機能が出て来ません。

そこで,「cups-pdf」を用います。
ま,あまり,分かってはいませんが,仮想プリンタです。

2.2 「cups-pdf」のインストール
インストールは,

https://bitbucket.org/codepoet/cups-pdf-for-mac-os-x/downloads

ここから↑

パッケージになっていますので,普通にダウンロード,zipファイル解凍(といっても,クリックで解凍となる),インストールです。

2.3 プリンターの設定
これだけじゃ,プリンターとして使えませんので,

システム環境設定→プリントとスキャン→プリンタの追加(一覧の下にある「+」)をして,「CUPS-PDF」を選択

後は,
場所を,「cups-pdf://localhost」
デバイスを,「generic postscript color printer,rev3a」を選択して,ついでに「ネットワークでこのプリンタを共有」にチェック

これで設定終了です。

Macからでも,Crossover上のWordからでも印刷選択ができます。


2.4 出力PDFの場所

印刷すると,印刷ができてはいるのですが,どこに?

実は,これが一番悩みました。

ユーザ直下に,
●●(自分の名前)というフォルダとは別に「共有」フォルダがあるはずです。
この共有フォルダの中に,
「CUPS-PDF」があり,この中に収納されています。

……………………………………………………
H240319追記

Mac(Lion)なら,Finderに「cups-pdf」をフォルダ登録しておくと便利です。

……………………………………………………