2013年4月18日木曜日

WordとEmacs/org-mode連動による書式(ほぼ)自動化

Wordの書式は,書式・スタイルごとに変更が可能です。

これとEmacs/org-modeを利用・連動させて,書式のほぼ自動化が可能になります。

手順

1 Emacs/org-modeで,見出しつきの文章を作る。

C-c,C-e b or h で,html出力(hoge.html)

cssは,デフォルトでいいとおもってきました。
(どうせ紙上ではキレイにならない。書式は,Wordに任せる)

デフォルトで,
「*」は,h2
「**」は,h3
「***」は,h4 
になります。

なお,字下げも,Wordで一括変換すれば楽なので,
htmlで操作する必要はありません(前に詰めて書いてしまう)。

改行は,きちんとした方がいいでしょうか。


2 できあがったhtmlを,Wordで開く
これで,Wordがhtmlを解釈して,勝手に,見出し等に変更します。
………………………………………………………………………………
H250418追記

開くより,
貼り付けの方がいいようです。

ブラウザで開いたhtmlファイルをAllCopy
→wordに貼り付け
→(形式に不備があったら)
書式→スタイル
→構成内容変更
→右側(おそらく,Normal.dotmが現れている)
 閉じる。
→ファイルから,必要な書式を選択
準備書面なら,


などを選択

書式のコピー(選択して,左へコピー)
すべて上書き

で,書式が直ります。
面倒ならば,Normalドットに,上書きしてデフォルトにしてもいいかもしれません。

………………………………………………………………………………

h1は,見出し1(タイトル相当で,文章の見出しは,h2から始まります)
h2は,見出し2
h3は,見出し3
h4は,見出し4

となります。

3 Wordの書式変更,テンプレート,置換などを利用する。

テンプレートを完璧にしても,Word特有のhtmlないしcssを読み込むようで,テンプレートどおりにならないようです。

少し,置換等をするなどして微調整をします。

……………………………………………………
H240314追記
参考リンク


特に見出しの字下げがデフォルトテンプレート置換だけではうまくいきません。さらに,置換で,
字下げ,最初の行0,左寄せ,字下げしないなどの設定を加えて置換するとよいです。

……………………………………………………
H240525追記

きちんとテンプレートが作れたら,
スタイルを完全コピーするのが早いです。
置換は面倒ですね。

字下げもできました。どうやって直したかワカラナイので対処のしようがありませんが,気に入ったらテンプレートを更新していけばいいですね。
……………………………………………………



4 疑問?

Wordで,見出しを設定すればいいじゃん!
という疑問がわくでしょうか?

実は,これがWordの弱点でもあります。
Wordの見出しは,本文・見出し分離型(今,ことばは作った)といえるもので,できあがったものに見出しをつけていくか,最初に見出しを決めてしないとできにくいタイプです。

見出しを最初に作ることは,とても難しい作業です。たとえば,最初に見出しを作っても,後で,本文を書いているときに,こっちの方が見出しに適切だと思っても,システム上,本文・見出し分離型を採用しているWordは,その変更が面倒です。

  1. 見出しと本文とは,自由に簡単に思考を停止させることなく行き来きできなければならない。
  2. 本文と見出しが同時に完成する,最終的に見出しは,本文完成時になってみないと分からない。
  3. 本文を作るより前に見出しを考えるのは,とても難しい。
  4. 見出しが完璧ならば,本文もできているはずだ

という命題があります(今,考えた)。