2012年6月12日火曜日

Office For Mac2011:初期設定を変える


1. キーバインド変更

再びキーバインドです。


Wordをemacsキーバインドで使う。


と基本的に同じです。

なぜか,インデントが,BackSpace(C-h)で動かないので,
ここを参考に,インデント解除(ショートカットの)を設定します。


コマンドが難しいですね。
ツール→マクロ→マクロで,コマンドマクロを選択し,
「list command」「実行」
で一覧がWordファイルに出力されます。適当なのを割り付けします。


2. 行間を詰める
Wordの行間初期設定は,若干広い感じがします。

htmlでは,細かく設定できますが,wordでは少し難しいので,取り敢えず,

書式→スタイル→左下の書式クリック→段落で,

1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線を合わせる

をoffにします(チェックを外す)。これで結構つまります。

3. 書式(スタイル)を,ショートカットに割付け
スタイルをショートカットキーに割り付けておくと便利です。

方法は,

書式→スタイル→変更→左下の書式→ショートカットキー

で,割り付けます。

基本は,見出し(2〜4)と標準,標準(Web),標準(Web)1(これは構成を変えて引用する場合に使用してます)しか(私は)使いませんので,これを適当なキーに割り付けます。テンプレートで,がさっと変更するのが通ですが,読み直しを兼ねて,ショートカットで変換しながら読みます。

これで大体,html変換がスムーズに行きます。
短い文書は直接Wordで長いのはemacs/org-mdeでhtml出力し貼り付け,スタイル直しというのが早い(とおもう)。

……………………………………………………
H240612追記
直接Wordは最近使っていない・・・

……………………………………………………