2012年11月5日月曜日

Emacs:JavaScriptをorg-modeで組み込んでみる。

Emacs:JavaScriptをorg-modeで組み込んでみる。

emacsのorg-modeで、htmlを作るのは、かなり簡単です。
C-c C-e, b or h
です。

普通に書いたものもhtmlタグがつきます。

準備書面等では、ブラウザに表示されたものを、Wordに貼り付け、Wordテンプレートで一気に書式を変換するのが、とても早いです。

準備書面等では、ほとんど意味がありませんが、JavaScriptを組み込むこともできます。

コードは、ここから拝借
http://www.red.oit-net.jp/tatsuya/java/

文面を少し変えて、テストhtmlを作成してみました。

http://chizaibengoshi.appspot.com/31-123756.html


org-modeでのJavaScript記載方法は、

「#+begin_html」

「#+end_html」
とで挟むだけです。


ちなみに、
emacs/org-mode
上では、上記は、
「<h」で両方が出ます。便利です。
参考リンク

Emacs/org-mode:「<」で始まる短縮入力(2011-01-14 金:作成)




ちょっと私の業界では使い道は分からない・・・
………………………………………………………………………………
H241105追記

org-modeでは、普通に書いて、C-c C-e b or hをするとhtml化されます。改行(Enter)をすると、それについては、htmlされたとき自動的に<p>タグや、<br>タグがつきます。

勝手につきますので、ソースとしてキレイかは別として楽です。


「#+begin_html」、「#+end_html」で挟む場合は、改行する場合には意図的に<br>タグをつける必要があります。



………………………………………………………………………………