2012年10月18日木曜日

iTunesから音楽CDを焼く:簡単すぎてビビったのでブログ化

MacでCDを焼くのは、やったことがないので難しいかとおもったら、あまりに簡単でびっくりしたので、書いてみた。

http://support.apple.com/kb/TA38263?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

この説明では、よく分からないので具体的に書きます。

1. 外付けCDドライブ(Mac miniなので内蔵はない)をつける。

2. 外付けCDドライブに、音楽CDをセットする。
ここで、適用するアプリケーションを、iTunesとする。無視して、iTunesをたちあげてもよい。

3. iTunesにCDを読み込む
自動になっている場合が多い。

4. iTunes左側下、「+」をクリック
新規プレイリスト追加のボタンです。もちろんメニュー等からも可能です。適当に名前をつけます。


5. プレイリストに、読み込んだ音楽CDを、移す。
意外とこれが手間取りました。Mac特有の操作なのでしょうが、デバイス欄のところにあるのをマウスでクリックして持ってきてもプレイリストの中に移りません。

よく分かりませんが、「最近追加した項目」のプレイリストにある、曲をコピーして、新プレイリストの中でペーストすると移りました。もっとよい方法があるかもしれません。

6. デバイスの↑を押して、音楽CDを排出する。
これは私の外付けCDドライブの仕様で、読み込むが終わると電源が切れるので、こうじゃないとCDが排出できません。

7. 空CD-Rを入れる。

8. 新プレイリストに移り、ファイル→プレイリストからCDを作成する
で、後は待つだけです。


できた!
………………………………………………………………………………
H241107追記
iTunesのデフォルトは、AAC形式
通常のCDオーディオファイルは、wave
転がっているのは、MP3形式
です。
iTunesは勝手に、AAC、MP3でも、自動的にwave形式で、CDを焼いてくれるようです。
………………………………………………………………………………