2013年1月7日月曜日

ごまめの作り方:正月は,ここから!

ごまめの作り方:正月は,ここから!

………………………………………………………………………………
H251231up

今年も作りました、新情報を入手しました。

最初に、電子レンジで、1分加熱
その後、炒る炒る炒る。
大分時間も短縮で、美味しいゴマメができます。

………………………………………………………………………………



1  たかがゴマメ,されどゴマメ
ごまめは,地味ですが,内では,とても重要な位置を占めています。

かなり有名なところでも,生臭く,あまり好きではなかったのですが,義父の直伝で見直しました。

ということで,ここで,ゴマメの製造方法を書きます(既に公知。。。)。


2 ゴマメって
田作りともいいますね。

これです。




お節の定番,酒のつまみにもなります。

3 作り方
3.1 まずは,炒る炒る炒る炒る炒る・・・

作り方は,とても簡単です。しかし,手間がかかります。まずは,干しイワシ(すでにゴマメといって売っていますね)を炒ります。







これが一番時間がかかります。
目安としては,色は,こんな感じです。

炒る前と炒った後

炒り始めは,ニオイが生臭いですが,香ばしいニオイに変わります。
また,最初は,折るとグニュと感じですが,パキッと折れるようになります。

こうなるまでひたすら炒ります。
少しづつした方が効率的です。

今回の写真の量で,二人がかり(2つのフライパン)で,1時間ぐらいかかりました(まだ少し足りなかった)。

炒るときに,ひっついているのを1つずつ分けながら炒ります。


こういうやつです。


とにかく炒ります。
これが全てです。

ゴマメは,生臭くありません。
炒りが足りないと生臭くなります。

3.2 タレを作る

徹底的に炒りをした後,タレを絡めます。

必要なものは,

醤油,みりん,砂糖
後は,少々,水飴とかはちみつとか


醤油,みりん,砂糖の割合は,1:1:1
です。飛ばしますので,あまり上等なものでなくてもいいみたいです。

お玉で適当に入れます。
まずは,
醤油とみりんを入れて,砂糖を十分に溶かしておきます。






水飴やはちみつで,とろみをつけます。余り入れ過ぎないように,お玉に少しだけという感じです。

3.3 からめる

タレを絡めます。
まずは,タレを沸騰させて,みりんを飛ばしておきます。
泡が出てきてシュワ~となったら,ゴマメ投入です。





からめると最初は水っぽいですが,冷えると固まります。


お好みでゴマや七味を入れます。
七味が入ると,おつまみ的に近づきます。



できた!

……………………………………………………・