2013年5月15日水曜日

日本一短い無いよりマシの法律文書(A4,1枚)from facebook Note

私のfacebook

で書いたものを,ブログ化してみました。


ファイル保存、印刷もバッチリのMarkdownエディタ「Jon Combe Markdown Editor」


を利用して,

日本一短い,しかし,無いよりマシの法律文書
(A4・1枚)を,作ってみました。

Google App Engineを利用して,upしてみました。

すべてhtml文書による作成です。

ちなみに,
このエディタでhtmlを,そのまま作成すると文字コードに不具合が生じます。

htmlに,文字コード宣言を入れることで対処します。

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8"></meta>

を冒頭に記載します。万一のときは,ブラウザの文字コード設定で「utf-8」を指定してください(通常は,勝手にやってくれます)。

なぜ,このような文言を書いたかは,短い文章ですが法律的に意味があるように書いています。この文言には,どのような意味があるかを書いておくと,意義があるかとおもいます(意外と一から書くのは難しいのですw)



1. 示談書


示談書は,結構作るのが難しいのですが,これが基本となります。
お金をその場で受領したときに使うものです。

1項は,事件の特定です。これがかなり大切で,時にとても難しいところです。何の事件について示談をしたのか,どの範囲で示談をしたのかを,はっきりさせるためにも「事件の特定」が必要になります。

刑事事件なら起訴状の言葉を書いたり,
交通事故なら,交通事故証明書から書き起こしたり(文章ではないので作る必要がある),
争いがある事実については,ぼやかして書いたり,書かなかったりするなどテクニックが必要となります。


示談書とは,民事上刑事上の法律的な争いを,おさめることが主眼の文書です。

嘆願的な文言を入れる場合,
別に「嘆願書」を作成する場合も多いです。

嘆願はしたくないが,示談はするという場合には嘆願文言は当然入れません。入っていると全体の示談もしないということになり,ケース・バイ・ケースで文言を判断することになります。

逆に,嘆願をしても構わないというのであれば入れておくほうが,刑事的な情状として,より良い示談書となります。

バリエーションとしては,
後遺障害が出た場合は別途の示談範囲外とする旨の文言,
将来起こり得る後遺障害も含めて確定的に示談の範囲とする場合
(この場合は,結局,後遺障害が出ない可能性が高い,とかと予測できる場合が多いといえましょうか),
などがあります。




2. 覚書(期限の利益喪失,遅延損害金利率)


最低限,ないよりマシの契約書です。
自分も押したからという方が,相手に押させ易いといえます。
少しづつ取れるときに取っておくという考えも必要となります。

法律,特に民法と普通との考えとの違いが,よく出てくるところです。具体的には,民法では,単に期限が過ぎただけでは期限の利益は喪失しません。それなので,契約で期限が過ぎたら,期限の利益が喪失,つまり,すぐ請求できるように条項を定めておく必要があります。

遅延損害金利率は,定めがなければ,6%(大雑把にいって会社同士とか自営業者同士とかの利率)か5%(もっとも法律的に普通な利率)になります。


3. 覚書(債務承認)

ないよりマシの覚書です。
売掛金債権は,時効が2年ですので,あっと言う間に時効が来ます。
ちなみに,貸金に関しては,これをそのまま使うのは,あまりよくないです(別途書く予定です)。

1項は,債務承認の条項です。ここが,本覚書の最重要目的とした書面です。そのため,ここが取れればということで,他で妥協する条項を盛り込んでおります。

2項は,振込料について債権者の方が妥協をしたものとなっています。本来は,債務者(代金を支払う側)に払う義務があり,約束もなく債務者の側で勝手に差し引くことはできません。

3項も,債権者の妥協がある条項となっています。本来,商取引であれば,遅延損害金がつきますが,元本を払ったら妥協してやるということで,債務者にハンコを押させやすくする書面といえます。

………………………………………………………………………………
以下,続く(予定)