2014年10月17日金曜日

Mac:リモートログイン、どこでもMy Mac



……………………………………………………
H261017追記

リモートログインは、いろいろ書いていますが、
ほとんどをMacで作業をし、Winはサーバー的(スキャン先、e内容証明作業(送信)のみetc)な限られた運用をしている場合は、この投稿内容だけで足ります。

スキャンの場合は、勝手にWinで取り込むようにしていても、そのフォルダにMacから直接アクセスして、Mac上にファイルを移すことができます。ほとんどWinは操作せずにMac上だけで作業ができます。

追記情報
・Winにアカウントが複数ある場合
この場合は、mac上のFinderのWinをクリックしても、見つからないとでますが、
「別名で接続」で、Winの方のアカウント名とパスワードを入力することでアクセスが可能となります(最初手間取った)。

……………………………………………………



自宅には、Macminiを、

持ち歩き用に(極めてメイン)、Macbookairを、

新事務所(さらっと書いたが、来年1月1日をもって新事務所を設立します)にも、基本はMacを導入して運用します。

ほんとに最近知ったのだが、Macには、リモートログイン、どこでもMyMacという恐ろしく便利な機能がある。

やりかたは、

iCloudアカウントを取り、

システム環境設定→iCloud
iCloudで、どこでもMy Macをオン

システム環境設定→共有
画面共有、ファイル共有
をオン

であります。

finderを除くと、出ているはずです。
共有のところに、

岩原のmac mini
なるものが。

ここに行くと画面共有ボタンが出るので、画面共有をすると、リモートでmacminiを操作できます。ファイルも開けるし、Dropboxにおけば、ファイルも引き出せます。
アップデートが時間がかかり面倒なものも、外出先から、アップデートができます。


Macbookairは、容量が不十分になりがちですし、自宅に忘れた!などということがなくなります。

注意点としては、母艦PCがスリープしないような設定にしておくことでしょうか。基本、Macは電源を落とさない設定で大丈夫なので、これも、Macの特性といえば特性です。

さらっと書いたが、便利ですね。
………………………………………………………………………………