2016年5月17日火曜日

Googleスプレッドシート・emacs/org-mode:契約書作成の際のコメント機能、得意なものは得意なもので

H280517記載
契約書作成は、wordだけですると整理が大変です。得意なものは得意なものでするのが効果的です。今回は、Googleスプレッドシートのコメント機能を使います。

   

1  Googleスプレッドシートのコメントの利用


契約書を作成する際、条項ごとの説明を別途作成する場合があります。条項のところにコメントで説明をつけておくことで、条項と説明とを離れ作っていくことができます。


具体的には、コメントを付したい場所(今回では、たとえば条項のところ)に移動して、

「コメント」で、説明を付していきます。

コメントを付した場所に飛んで行く事ができますので、説明したい部分のコピペ、説明(コメント部分)のコピペが簡単となります。



2  Googleスプレッドシートで、入れ替え可能に



コメントを、スプレッドシートでしていますので、入れ替えは簡単です。

条項は、入れ替えが激しいので、途中の作業としてはスプレッドシートのほうが楽かとおもいます。最終的にスプレッドシートで印刷するか、Googleドキュメントに再び移して印刷するかは場合によりますが、作業中は、スプレッドシートのほうが楽です。

仮に条項の入れ替えが沢山あれば、もういちどemacsに戻ったほうが楽な場合もあります。


3  emacs/org-mode→Googleスプレッドシート・コメント→Googleスプレッドシートで整理


契約書の作成自体は、入れ替えが激しいので、emacs/org-modeで作るのが、極めて楽です。

得意なことは得意なことでさせる。

という対応が効果を呼びます。




……………………………………………………